のぼり旗とはどんなもの?

のぼり旗とは?

のぼりとは、のぼり旗ともいわれる、縦型の長い旗のことで、漢字は「幟」です。

軍用の幟は、綿か絹が素材として用いられていました。

布の寸法は、のぼり旗以前に主流であった流れ旗に合わせ、高さ3.6m幅0.76m程度が標準とされていました。

しかし、個人や家を象徴するものでもあったため、その家の伝統的なサイズというものが決めれたり、時代の流れで様々な変化をするなどしています。

旗竿へは、乳と呼ばれる布製の耳をつけて固定されます。

このことから、のぼりは別名「乳つき旗」や「耳つけ旗」と呼ばれるのです。

また、旗竿につける部分を袋縫いにしたものもあり、これは、「縫含旗」と呼ばれます。

旗竿は、漆塗りの樫材や竹にひもを巻いた「千段巻」が使われていましたが、現代は、耐久性などの面から、スチールやアルミに樹脂コーティングしたものが広く使われています。

風合いを出すために、表面はまるで木などの天然素材のような加工も施してあり、雰囲気も損なうことなく十分に伝統的なたたずまいを演出できるようになっています。